専門業者に給湯器の交換を依頼|事前に買い換えを検討

作業員

生活が便利になります

リモコン

使用用途に応じて選ぶ

給湯器には、大きく分けてガス式と灯油式と電気式があります。その中で人気となっていて設置する家庭が多いのがハイブリッド式といわれるものです。ハイブリッド式はガスと電気を使って効率よくお湯を作ることができるようになっていて、省エネにもなります。また、ガスではなく灯油を使いたいという人は、エコフィールというものがあり熱効率が高く、今までの灯油式と比べて消費する燃料を減らすことができます。そして、ハイブリッド式もエコフィールもリモコンが付いている機種が多く、お湯はりや床暖房など今までよりも使い勝手が向上しています。給湯器には浴室と任意のところにリモコンを設置でき、お湯の温度の設定や自動お湯はりのほか、消費エネルギー量も知ることができます。

それぞれの特徴を知る

給湯器には、それぞれ特徴があります。ハイブリッド式は、ガスと電気をバランスよく使うため、ランニングコストを抑えられます。どれくらい節約ができるかというと、使用頻度や目的によって違いますがガス代を半分以下にできることもあります。もちろん、電気代が必要になりますが、ヒートポンプといわれる技術を使っているため、あまりエネルギーを使わずにお湯を作ることができます。特に、お風呂だけでなく、床暖房などを使っている家庭では、新しいものに切り替えることによって、総合的に費用を抑えることができます。一方で、給湯器本体の設置に関しては、ヒートポンプも設置が必要なのである程度広さが必要になりますが、工事業者と相談をすることでスマートに設置をすることができます。そして、本体の費用を抑えて灯油を使いたいという人は、エコフィールにすることによって、排気していた熱も活用するのでその分灯油の使用量を減らせるというメリットがあります。また、補助金制度もあり、それを利用することによって設置費用を抑えることができます。